iPhoneだけで撮影〜YouTube投稿まで行った工程【博多の夏空】

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

iPhone1つで博多の空を撮影してきました。

入道雲、ひまわり、博多のビル街、そして夕焼け空ととてもダイナミックでした。

今回の動画は『撮影〜YouTube投稿』まで iPhone1つで完結させています。

目次

撮影→編集→投稿までの手順

撮影

FiLMiC Proのアイコン

カメラアプリ
『FiLMiC Pro』で
撮影

撮影設定は以下の通りです。

撮影設定

【log撮影】【4k】【1.55×】【10bit】

またアナモルフィックレンズという特殊なレンズを使用しています。【1.55×】というのは、アナモルフィック専用の倍率設定です。

アナモルフィックレンズについて記事にしてます。
↓↓↓

あわせて読みたい
あわせて読みたい																【iPhone】アナモルフィックレンズとは?|使い方|注意点|Ulanzi製を選ぶ理由						 iPhone用にも発売されているアナモルフィックレンズ。シネマ風に撮影出来るとても便利な外付けレンズだけど、非常に癖があるのも事実。そんな独特の癖について使用前に注意してほしいことを3つまとめました。
【iPhone】アナモルフィックレンズとは?|使い方|注意点|Ulanzi製を選ぶ理由 iPhone用にも発売されているアナモルフィックレンズ。シネマ風に撮影出来るとても便利な外付けレンズだけど、非常に癖があるのも事実。そんな独特の癖について使用前に注意してほしいことを3つまとめました。

FiLMiC Proというカメラアプリを使った理由はズバリLOG撮影が出来る所です。

LOG撮影とは、簡単に言うと、後で色を付けると綺麗な映像が出来る色の薄い撮影方法です。

この後で色を付ける点ですが、こだわると何十時間も費やしてしまうほど選択肢があります。

でも自分が思うシーンの色を出したい‼︎と思いますよね。そこで便利なLUT編集というのを使います。

LUTとは、各シーンや各カメラごとに最適な色を用意してくれるデータの事です。

iPhoneでもLUT編集出来る数少ないアプリがありますので、最近はこの方法で動画撮影しています。

keri like png 150x150 - iPhoneだけで撮影〜YouTube投稿まで行った工程【博多の夏空】keri

数少ないアプリはこの後説明します‼︎

スポンサーリンク

FiLMiC Proについて過去に沢山記事にしてますのでよかったらこちらもどーぞ!

あわせて読みたい
あわせて読みたい																【最強カメラアプリ】FiLMicProでこれさえ設定すれば問題ない4箇条【①ISO感度編】						動画撮影においてもっとも重要な部分を締めるISO感度。特にiPhoneには生命線とも言える重要なポジションです。
【最強カメラアプリ】FiLMicProでこれさえ設定すれば問題ない4箇条【①ISO感度編】 動画撮影においてもっとも重要な部分を締めるISO感度。特にiPhoneには生命線とも言える重要なポジションです。
あわせて読みたい
あわせて読みたい																【最強アプリ】FiLMicProでこれさえ設定すれば問題ない4箇条【②解像度編】 						動画を綺麗にとる解像度。基礎的なことこそミスの可能性が高いこのFiLMiC Proで説明します。
【最強アプリ】FiLMicProでこれさえ設定すれば問題ない4箇条【②解像度編】  動画を綺麗にとる解像度。基礎的なことこそミスの可能性が高いこのFiLMiC Proで説明します。
あわせて読みたい
あわせて読みたい																【最強アプリ】FiLMicProでこれさえ設定すれば問題ない4箇条【③fps編】  						動画撮影で欠かせないのが、fpsです。この設定により、電子機器からのちらつきもなくすことが出来るし、パラパラ漫画のような変な映像にもなりません。
【最強アプリ】FiLMicProでこれさえ設定すれば問題ない4箇条【③fps編】   動画撮影で欠かせないのが、fpsです。この設定により、電子機器からのちらつきもなくすことが出来るし、パラパラ漫画のような変な映像にもなりません。

編集

205C8619 FC84 440A BEF0 3425280423B7 - iPhoneだけで撮影〜YouTube投稿まで行った工程【博多の夏空】

LUT編集可能な
『Luma Fusion』で
編集

動画の編集はLUT編集ができるLuma Fusion( iPhone版)で行いました。

App Store
App Store																‎LumaFusion						‎App Storeの2021年度 "App of the Year"、および"Editors' Choice Award"を受賞した、ビデオエディターとストーリーテラーのためのアプリへようこそ。LumaFusionは、流動...
‎LumaFusion ‎App Storeの2021年度 "App of the Year"、および"Editors' Choice Award"を受賞した、ビデオエディターとストーリーテラーのためのアプリへようこそ。LumaFusionは、流動...

私が編集した内容は以下の通り

編集内容

【カット】【音楽】【LUT編集】【テキスト入れ】

2分にも満たない動画なんですが、編集作業は1時間ほどかかります。色味をこだわらなければ、40分ほどでできるでしょう。時短の為のLUT編集なんですが、LUTの選択肢を増やしすぎてしまって結局時間がかかってしまいました・・。

投稿(エクスポート)

D92F2F03 C978 4E29 8CA2 A93B4731D7F1 - iPhoneだけで撮影〜YouTube投稿まで行った工程【博多の夏空】

直接『YouTube』にエクスポートを選択

動画をエクスポートします。ここでポイントなのは、写真フォルダではなく、直接YouTubeへエクスポートすることです。

以下が理由です。

YouTubeに直接エクスポートする理由

画質が綺麗なままYouTubeに投稿出来るから

エクスポートすればするほど、動画データは劣化してしまいます。

動画の最終ゴールがYouTubeならば、

一度写真フォルダにエクスポートする理由はないですよね。それどころか1回多くエクスポートする事により、画質劣化を起こします。

画質も綺麗に保ったまま投稿したければYouTubeへのエクスポートをお勧めします。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次