iOS17.3でiPhoneに追加された「盗難デバイスの保護」機能とは?設定方法、メリットデメリットを解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

今回の記事は

iOS17.3で新搭載された「盗難デバイスの保護」機能について紹介します。

iOS17.3が2024年1月23日にリリースされました。

iOS17.3の一番の目玉機能と言ったら今回紹介する「盗難デバイスの保護」の追加と言えるでしょう。

だけど、ぱっと聞いてどんな機能かわかる人は少ないと思います。

150x150 - iOS17.3でiPhoneに追加された「盗難デバイスの保護」機能とは?設定方法、メリットデメリットを解説!匿名

よくイメージできない・・・。

150x150 - iOS17.3でiPhoneに追加された「盗難デバイスの保護」機能とは?設定方法、メリットデメリットを解説!匿名

アプデしたら自動的に追加される機能なの?

150x150 - iOS17.3でiPhoneに追加された「盗難デバイスの保護」機能とは?設定方法、メリットデメリットを解説!匿名

セキュリティが強くなって逆に困ることはないのかな?

先にざっくり結論を書くと以下のようになります。

盗難デバイスの保護とは?

「生体認証」を駆使して、盗まれた時に被害を最小限に抑えようとする機能のことです。

設定は自動的にオンになる?

デフォルトはオフです。その為オンにするには手動で設定する必要があります。

tana profile png 1 150x150 - iOS17.3でiPhoneに追加された「盗難デバイスの保護」機能とは?設定方法、メリットデメリットを解説!keri

ていねいに説明します。

目次

盗難デバイスの保護とは?

上記でも書きましたが盗難デバイスの保護とは、「生体認証」を駆使して盗まれた時に被害を最小限に抑えようとする機能のことです。

生体認証とは?

生体認証とは、人間の身体的特徴や行動的特徴を用いて、本人を特定する認証方式や認証システムのことです。

iPhoneでいうと、フェイスID(昔だとタッチID)のことを指します。

生体認証のメリット

メリットはセキュリティレベルが高く、ユーザーの利便性に優れているところです。

生体認証とパスコード入力を比較する

同じセキュリティとしてiPhoneはパスコード入力も採用していますよね。

このパスコード入力と生体認証では圧倒的に後者(生体認証)の方がセキュリティレベルが高いです。

なぜならパスコードは誰がやっても正しく番号を打ち込めばセキュリティを突破することができるからです。

あなたの友人に「パスワードは4321だよ」と言えば、友人は簡単にセキュリティを突破できます。

でも生体認証だと違いますよね。自分の顔を読み込まないとセキュリティを突破することはできません。

Appleは前からフェイスIDを採用していますが、今回このセキュリティの高いフェイスIDをもっと多用した結果がこの機能なんです。

つまりセキュリティレベルが高い「生体認証」を駆使することで、iPhoneのセキュリティレベルを上げるのが今回の新機能の本質です。

盗難デバイスの保護の特徴

盗難デバイスの保護の特徴としては以下の2つがあります。

  • いままで「パスコード入力」だった箇所が「生体認証」に変更になる
  • 自宅などよくいる場所から離れたところだと「生体認証」+1時間後に再度「生体認証」というセキュリティが掛かる

いままで「パスコード入力」だった箇所が「生体認証」に変更になる

保護機能をオンにすることでいままでパスコード入力だった場所が生体認証に変更になります。さらにかみ砕いてみましょう。

いままで「パスコード入力」だった箇所とは?

いままで「パスコード入力」だった箇所とは、主に以下の項目を指します。

  • AppleIDを変更する
  • 探す、紛失モードをオフにする
  • iCloudキーチェーンへのアクセス
  • iPhoneの初期化処理
  • Safariに保存されている支払いの使用
  • iPhoneを使用して新しいデバイスのセットアップ
  • 盗難デバイスの保護のオフへの変更
  • 頻繁にいる場所以外での操作

どれも盗まれて勝手に利用されると困る項目ですよね。勝手にAppleIDを変更されたら、仮にiPhoneが自分のところに戻ってきても、ログインすることができなくなります。

またSafariに登録しているクレカの情報を取られ、クレカを使いたい放題にされてしまいます。

そのような機密性の高い項目にいままでは「パスコード入力」というセキュリティが掛けられていました。

これらすべてが盗難デバイスの保護をオンにするとフェイスIDに変更されます。

「生体認証」に変更になることで起こること

単純にセキュリティレベルが高くなることが起こります。

デメリットは特にありません。しいて言うならだれでも開けれなくなったので、だれかにお願いすることができなくなったことでしょうか?

例えば、iPhoneの操作が分からず誰かにやってもらう場合に今までパスワードさえ教えていれば操作してもらえたのができなくなったとか。

ここは人によりけりなので何とも言えませんが、少なくともセキュリティ上はかなり向上したと思います。

自宅などよくいる場所から離れたところだと「生体認証」+1時間後に再度「生体認証」というセキュリティが掛かるとは?

もう1つの機能が少々わかりづらいです。

自宅などよくいる場所とは?

iPhoneがよく置かれている場所です。iPhoneには位置情報や自宅を登録する機能がある為、よくいる場所というのがある程度特定することができます。

おそらく多くの方が自宅が良くいる場所になると思います。

このよくいる場所では2つ目の機能は関係ないということです。

良くいる場所以外、今回の例で言うと自宅以外の場所、例えばよくいくスーパーとか旅行先とか、散歩している道の途中とか、とにかく自宅以外で機密性の高い項目の変更を行う場合にこの2つめの機能が発動します。

「生体認証」+1時間後に再度「生体認証」というセキュリティが掛かるとは?

具体例で書くと、以下の手順のことを指します。

  • 生体認証でセキュリティをクリアする
  • 1時間待つ
  • 再度生体認証でセキュリティをクリアする
  • 設定項目の変更が可能になる

要するに、生体認証を2回する上、1時間の遅延時間が発生するというセキュリティが掛かります。

例えば、よくいくスーパーでこの機密性の高い項目の変更をしようとします。

変更時間はお昼の12:00だとしますね。

すると以下のような時系列になります。

  • 【12:00】生体認証でセキュリティをクリアする
  • 【12:00~13:00】1時間待つ
  • 【13:00】再度生体認証でセキュリティをクリアする
  • 【13:00】設定項目の変更が可能になる

本人の生体認証が2回必要になるという手間、1時間待たなければならない手間といった手間を増やすことで盗難にあったときの悪用を防止するというのが2つ目の機能の狙いです。

空き巣泥棒は事前に下調べをしてセキュリティが低い家を狙います。また空き巣泥棒は鍵を開けるのに3分以上掛かりそうなら諦めて逃げるそうです。

このような盗む人の心理を突いた2重のセキュリティを掛けることiPhoneバージョンに落とし込んだAppleはすごいと思いました。

スポンサーリンク

1時間後に再度生体認証が必要になる項目とは?

以下の項目が挙げられます。

  • AppleIDのパスワード変更
  • AppleIDのセキュリティ設定を更新
  • iPhoneのパスコード変更
  • 生体認証の追加・削除
  • 探す機能のOFF
  • 盗難デバイスの保護のオフ

盗難デバイスの保護の設定手順

デフォルトではオフになっているので、オンにするには手動で設定する必要があります。

以下の手順で設定できます。

  • iOS17.3にアップデートする
  • 設定をタップ
  • faceIDとパスワードをタップ
  • パスワード入力
  • 盗難デバイスの保護オン・オフを変更できる

iOS17.3になっていることが大前提

今回の機能はiOS17.3にバージョンアップできる機種に限られますので注意が必要です。

iOS17.3になっていないと、最後の「盗難デバイスの保護」の項目が出てきません。

盗難デバイスの保護の対象となるよく知っている場所とは?

今回の盗難デバイスの保護を潜り抜ける「よく知っている場所」とはどういうところだろうか?

実はiPhoneがよく知っている場所として判定した区画を確認することができます。

  • 設定をタップ
  • Face IDとセキュリティをタップ
  • 位置情報サービスをタップ
  • システムサービスをタップ
  • 利用頻度の高い場所をタップ

上記の手順で進めばiPhoneがよく利用すると判定した場所を特定できます。

要するにここに載った場所ではデバイスと保護機能は機能しないということです。

盗難デバイスの保護のメリット・デメリット

セキュリティがさらに高まる盗難デバイスの保護機能ですが、ここではメリットとデメリットについて紹介します。

盗難デバイスの保護のメリット

メリットとしては以下の通り。

  • セキュリティがさらに高くなる
  • 以前より悪用されにくくなった

セキュリティがさらに高くなる

盗難デバイスの保護機能があれば、もともとセキュリティの高いAppleの防壁をさらに上へと押し上げてくれます。

よく被害にあうという事前にiPhoneのパスコードを盗み見て奪って悪用する手段への対応としては十分すぎるほど的確に対処できます。

以前より悪用されにくくなった

盗難デバイスの保護機能が加わることで悪用されにくくなりました。以前はパスコードだけ突破されてしまえば、やりたい放題だったのを生体認証を追加したことで、本人以外の突破が難しくなり、盗難された時に一番有効なセキュリティとなりました。

また仮に無理やり生体認証をされたとしてもよく知っている場所でなければ、それから1時間待ったうえで、もう1回生体認証を行わないと開けられない仕組みにしたことも有効だと思います。

盗難デバイスの保護のデメリット

デメリットは以下の通りです。

  • iPhoneと売却、譲渡、下取りに出すときはあらかじめオフにしておく手間がかかる
  • めんどくさい
  • 盗まれるところが良く知っている場所の確率が高い

iPhoneと売却、譲渡、下取りに出すときはあらかじめオフにしておく手間がかかる

売却、譲渡、下取りを行う場所が必ずしも「よく知っている場所」とは限りませんよね。むしろ確率的に低いはずです。

なので盗難デバイスの保護機能が掛からないよう、事前に設定でオフにしておく必要があります。

めんどくさい

いくらセキュリティ強化と言え、めんどくさい手間が増えるのは事実です。盗まれる防波堤としての機能は十分でも日常使いにはストレスになってしまいます。

さらによく知っている場所以外で自分が変更したいときも1時間待ったうえに2回の生体認証を行わなければならず、時間と手間が掛かってしまいます。

盗まれるところが良く知っている場所の確率が高い

下記の追記で詳しく書いていますが、実はこの盗難デバイスの保護機能には大きな穴があります。

それは盗まれる場所が被害者が良く知っている場所に該当する場合が多いというものです。

盗難デバイスの保護機能はよく知っている場所以外で1時間の遅延と2回の生体認証を行うようになっています。

逆によく知っている場所ではこれらは発動しません。

実際盗まれる場所はよくいくカフェやレストランの場合が多く、せっかくの保護機能が発動しないことが多いそうです。

2024/01/29追記:盗難デバイスの保護に欠陥発覚?

今日のニュースで盗難デバイスの保護に欠陥があるというニュースが舞い込んできました。

どういうことかというと、よくいる場所として判定された場所でiPhoneを盗まれる被害が多く、肝心の盗難とデバイス保護機能が機能しないというのだ。

そもそも今回の機能が実装された背景には、iPhoneが盗難される場所に焦点を当てて生み出した保護機能だ。

最近iPhoneが盗まれるのは、カフェやレストランで頻発している。盗む人はこっそりiPhoneのパスコードを盗み見しておいて奪い取る。そしてiPhoneのロックを盗み見していたためすぐ解除でき、セキュリティを次々突破していく。追跡できないようにした後、ゆっくりとハッキングや個人情報の漏洩、クレカを使い込んだりしてiPhoneを売却するのだ。

こうならないために2回のFace ID(1時間の遅延つき)の解除が必要にした盗難のデバイス保護機能だが、そのカフェやレストランがすでによくいく場所として判定されている可能性が高いという欠陥がある。

確かに、カフェやレストランと言ったらよくいく場所の方が多い。

今後のアップデートで何かしらの補完がされるか注目が集まっている。

まとめ

今回のアップデートで追加された盗難デバイスの保護は、iPhoneが盗まれた時のことをよく考えられた対策だと感じました。また人によってはこの機能が邪魔になる可能性があるので、強制的に保護機能を付けたせず、オンオフ切り替えられる選択制にしたのも良かったと思います。

ぜひ自分に合ったセキュリティの対策の1つとして盗難デバイスの保護を活用してみてください。

649C347D 7A6E 4EA3 82AE 57767033ED25 - iOS17.3でiPhoneに追加された「盗難デバイスの保護」機能とは?設定方法、メリットデメリットを解説!

スマホのカメラで撮るだけでお薬手帳など医療情報をデータ化できる有能アプリ!

パシャっとカルテ

パシャっとカルテ-結果を写真で撮るだけでグラフ化
パシャっとカルテ-結果を写真で撮るだけでグラフ化
開発元:ARTERYEX
無料
posted withアプリーチ

子どもを守る令和最新機能搭載の新アプリ!↓

コドマモ

コドマモ
コドマモ
開発元:Smartbooks Inc
無料
posted withアプリーチ

イラスト1枚とスマホで誰でもVtuberに!

IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム) - 新感覚Vtuberアプリ
IRIAM(イリアム) – 新感覚Vtuberアプリ
開発元:IRIAM Inc.
無料
posted withアプリーチ

Sponsored by IRIAM Inc.

Sponsored by IRIAM Inc.

2023年Apple、GooglePlayのゲーム部門ダブル受賞!!

崩壊スターレイル

崩壊:スターレイル
崩壊:スターレイル
開発元:COGNOSPHERE PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ

↓その他下記にまとめてます!↓

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次